--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Sat.

FULL METAL 極道【MITSUI】

フルメタル極道-use

ここのところ、三池作品コンプリートを目指し(凄まじい作品数なので、たぶん無理ですが)、三池関連ソフトを買いまくってるMITSUIです。
っで、最近、そのタイトルを聞いただけでゾクゾクしちゃう、1997年作品:「FULL METAL 極道」を観たので、ちょいとご紹介。
B級テイスト満載。三池監督の弾けた魅力が画面の至る所から溢れ出ている、理屈抜きに楽しい完全無欠のSF極道Vシネマである。

まあ、簡単に言えば、ロボコップが極道になっちゃったって映画。
「あんた、絶対ヤクザ向いてないでしょ」ってくらい押しの弱い主人公のヤクザ(子供バンド:うじきつよし)が、組の裏切り行為によって慕っていた兄貴(シーザー武志)ともども絶命。死体を引き取ったマッドサイエンティストの平賀源白によってフルメタル極道と化し、超人的肉体を手に入れた彼は、自分と兄貴を騙し討ちした組織壊滅のため、決死の復讐に乗り込むのだった・・・って話。

この主人公の名字が、鋼(ハガネ)って言うところからして、もはやフルメタルになるために生まれてきた(いや、死んじゃった)様な男なんだけど、スゴイのはそのフルメタル度。

フルメタルと言っても、首から上、手足、心臓、そしてなんと「オチン◯ン」だけは生身のモノを使用すると言う、いわゆるサイボーグ。

首からは上はハガネ本人のモノを使用し、手足と心臓とオチン◯ンは一緒に殺された兄貴のモノを利用した合体品。しかもメタル製の背中には、兄貴のモンモンが革ごと貼付けられていると言う完全極道バージョン。
フルメタルとなって目覚めたハガネが、付け替えられたオチン◯ンを見て、「でかい、しかも剥けてる〜」と感激するシーンが涙を誘う。

更に、壁の向こう側も見通す透視能力で敵の存在をキャッチ。
また、数十メートル先の音声も聞き取ることが可能で、かつての恋人と弟分がホテルでナニしてる真っ最中の「アニキよりオレの方がいいだろう」「全然いいわ〜」なんて聞きたくもない会話も聞こえてきちゃうくらいのスーパー聴力が備わっている。

マッドサイエンティスト:平賀源白を演じているのは、怪優:田口トモロヲ。
そう言えば且つて彼も「鉄男」でいわゆるフルメタルの元祖みたいな役を演じていたわけで、何か運命的なモノを感じてしまう。

っで、この平賀博士が、なんでこんな研究をしているのかと言えば、それは、スーパーヒーローを誕生させたいがため。
ハガネのことを「レッド」と呼ぶほどのヒーローマニアのくせに、なんで刺青なんか付けちゃったのか理解に苦しむが、まあ、そこがマッドのマッドたる所以。

平賀はこの後「ピンク」の製造にも取りかかるのだが、仕入れた死体のオネエちゃんがダッチワイフみたいなルックスだったことに憤慨し、「桃レンジャーは美人じゃなきゃダメなんだ〜!」と叫びながら改造を断念する姿は、彼のヒーローに対する美意識を強く表した名シーンとして、これからも語り継がれていくだろう(絶対ありません)。

さて、いよいよ物語は、フルメタルとなったハガネと極道組織との対決シーンへと移っていく。
ハガネのパンチで極道(大杉漣)の首が吹っ飛び、蹴り上げられた生首が都会の夜空を浮遊しながら何キロも先の組事務所の玄関先にピンポイントで落下・・・なんて一連の描写をCGを使って華麗に魅せてくれる。
ベンツを破壊し、組員をブッタ切り、ラスボスである組長に辿り着くまでのアクションシーンもキレ味抜群。

ヤクザ時代に唯一の友だった同僚:タカちゃん(北村康:若かりし頃の北村一輝です)との対決もハガネの圧勝で、ハガネの長ドスで胴体を真っ二つに分断されたタカちゃんは、これだけ出せば文句ないでしょ、ってくらいの大量血シブキを吹き出しながら腰から二つに崩れ落ちる。

最後の対決は、組長の卑怯な手によってハガネ絶対絶命のピンチを向かえるが、背中からいきなり触手みたいなのが出て来て逆転勝ち。
そんな技があったのか〜〜! ってくらいの強引な幕引きで見事復讐を遂げたフルメタル極道は、そっと機能を停止するのであった。

ラストシーンでは、戦場跡にかけつけた平賀博士が、着ていたコートの前をパッと広げると、彼の股間には超巨大なオチン◯ンがぶら下がっていた。
えええっ! 彼の研究の目的は、実はこれだったのか〜〜!・・・ってところで映画は終了。

ヴァイオレンス満載、バカバカしさ保証付き、エロくてグロくてCGショボくて、絶対お薦めのSFアクション大巨編。
こんなのを大真面目に金かけて作ってる三池監督って、いったい・・・。
13:24 | MITSUI | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Mon.

3D導入計画~その1~【MITSUI】

DrumsのMITSUIです。

昨日、YUASAさんの3Dテレビ導入に刺激され、もう我慢たまらず、私も遂に3D対応のDLPプロジェクター「Acer h5360BD」を注文してしまいました。

台湾メーカーですが、高画質、3D対応、しかも安い・・・っと、やたら評判のいいプロジェクターです。
たぶん2~3日中には届くはず。

っで、プロジェクター本体については到着を楽しみにしておくとして、実は昨日、この本体よりも先に別のネットショップで注文しておいた「3Dメガネ」が早々に届いたのですよ。

「メガネだけ先に買ってどうするねん!」って話ですが、Acerの純正メガネが品薄と聞いていたので、「プロジェクターは届いたけどメガネが無い」なんて状態だけはマズいと思い、早めに注文しておいたわけです。

っで、届いたのがこれ、「Acer DLP用3Dメガネ E2B」。
P5133164_850_567.jpg

軽量で付け心地もなかなか。これなら長時間視聴も大丈夫そうです。
スタイルもウルトラアイみたいでかっこいいでしょ。
P5133167_850_567.jpg

もう、待ってられないので、これで普通のテレビを見ておりますが、やっぱ、何も飛び出てきませんね。っつうか見にくいだけじゃん。

プロジェクターよ、早く来~い!
20:18 | MITSUI | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Mon.

私も久々に部屋掃除してみた【MITSUI】

YUASAさんが本格的な部屋の模様替えをやってるので、私も頑張って、自分の部屋を掃除してみました。

これが私の隠れ家です。
P4303147_850_567.jpg

ホームシアターを組んでから8~9年は経つから、機器達もスッカリ年代モノとなってしまいました。
でも、まだまだ全然問題なく動いてくれてます。

部屋は、YUASAさんとこみたいにカッコいい洋室じゃなく、6畳の和室。
これでも、この連休を利用してかなり片付けた方です。日頃はこの数倍は汚い、っつうかグッチャグチャ。
でも、どんなに汚くても、ここが一番落ち着けるのです。
ゴールデンウィークの後半があるから、YUASAさんに負けない様、もう少し片付けてやろうと思ってます。

スクリーンはOSってメーカーの90インチです。
5.1chスピーカーはヤマハ製でセッティングしてあります。

反対側は、こんな感じ。
それにしても汚ねえ~!フスマ紙も代えないと・・・(_ _|||)。
P4303149_850_567.jpg

プロジェクターは、シャープのDLPプロジェクター(XV-Z9)。
画素数は800×600。ハイビジョンとは程遠い仕様ですが、黒の深さと動きのスムースさは、さすがDLPです。
押入の中に設置し、ベニアで目隠をしてあります。
押入を開けると映写室が現れるって仕組み。
暗闇の中、四角い穴から漏れる光が映画館っぽくてなかなか良いのです、っと自画自賛。

AVセンターはヤマハのDSP-AX640。
PS3をBlu-rayプレーヤーとして使用。ゲームも大画面で楽しめます。
P4303151_850_567.jpg

座椅子の左側の本棚には、三台の古ぼけたカメラが飾ってあります。
一番左のカメラは私が高校時代に使った8ミリカメラ。
スチールカメラ2台は、それぞれオヤジとアニキの片身の品です。
P4303159_850_567.jpg

右側の本棚は、映画ソフトのコーナーです。
DVDのコレクションが多いけど、最近は、見るのも買うのも録るのもBlu-rayにシフトしています。
P4303156_638_850.jpg

以上が、私が毎晩逃げ込む「嗜好の穴蔵」の様子です。
本格的にシアターやってる方が見たら、ずいぶんと時代遅れの貧弱なシステムなのでしょうけど、細部に拘らなければ、これでもまだまだ充分それなりの迫力ある映像とサウンドを楽しませてくれます。

次は、YUASAさんに習って、3Dシステムとアナログプレーヤーの導入ですかね。
またまた「欲しい欲しいウィルス」が増殖しはじめてるみたいです。(^^;)
18:00 | MITSUI | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Fri.

電脳の街散策 【MITSUI】

昨日は東京出張だった。
少しでも時間があれば、カメラを手に街を歩くのが最近の出張時の行動パターンだ。
昨日も、昼の空き時間を利用して秋葉原の街を散策。
オーディオ、パソコン、アニメ、ゲーム、コスプレ、アイドル、メイド、カメラ・・・もう、完全ドツボ。
どこまで楽しいんだ、この街は。

P1192722_wcsp_850_638.jpg

P1192718_wcp_638_850.jpg

P1192724_wcsp_850_638.jpg

P1192720_wcsp_850_638.jpg
22:22 | MITSUI | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Sun.

明けましておめでとうございます【MITSUI】

明けましておめでとうございます。
DrumsのMITSUIです。
昨年は、私個人としましても、また日本国としましても大変な一年でしたね。
今年こそ、私も家族も皆様もそしてこの国もいい年であってほしいと切に願います。

・・・っで、昨年の話です。
年末:28日の夜、私とギターのYUASAさんとで、名古屋市中区東桜のライブハウス「NAGOYA TOURUS」の「OPEN SESSION NIGHT」なるイベントに参加してきました。
どんなモノなのか恐る恐るの参加だったけど、タイトル通り、一杯やりながら自由にセッションを楽しむと言った、実にフランクな場でした。
私としては、もう少し色んなジャンルのバンドが各自交代で持ち曲を披露するのかと思っていましたが、ギターやドラムが適当に演奏をはじめると他の楽器がそれに合わせて入っていくと言う、正に「セッション」そのものでした。
ハードロックやブルースがメインで、実力も皆さんかなりのハイレベル。
我々は、アコギ&カホンによる歌謡曲メドレーを歌付きで疲労させてもらいましたが、見事に浮いてました(笑。

【下はセッションに参加されてた方々です。我々はこんなに若くありません】
PC282526_850_638_b.jpg

【こちら、向かって右側のオッサンが私。左は当日意気投合した陽気なドラマーさん】
PC282525_850_638_b.jpg

【続いて、ギターのYUASAさんと当日意気投合した陽気なドラマーさん】
PC282524_850_638_b.jpg
19:50 | MITSUI | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。