--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Fri.

青春 【YUASA】

こんちわ~(^^)/   GARAGE-X GuitarのYUASAでごんす。

最近、ふ~っと思い出した「詩」ありますのでご紹介します。
かなり前(学生時代)に読んでいた本に、たまたま掲載されていて、
いい詩だな~っと感心した「詩」です。

この歳になって、改めて読むと、なんか・・・益々身に沁みる
気がする「詩」です。

“ガンバレ親父たち!”
“ガンバレGARAGE-X!!”
・・・つ~感じで・・・(笑)

御一読下さいm(__)m

「青春の詩」      サミュエル・ウルマン
 
青春とは、人生のある時期を言うのではなく、『心のあり様』を言うのだ。

優れた創造力、たくましき意志、炎える情熱、弱気をしりぞける勇猛心、

安易を振りすてる冒険心、こういうあり様を『青春』と言うのだ。

年を重ねただけでは人は老いない。 理想を失った時に初めて老いる。

歳月は皮膚の皺を増すが、情熱を失った時に精神は老いる。

苦悶、躊躇、不安、恐怖、失望、こういうものこそ、まるで長い年月の如く

人を老いさせ、精気ある魂をも朽ちさせてしまう。

歳は七十であろうと、十六であろうと、その胸中に抱き得るものは何か。

空にきらめく星たち、その輝きにも似た未知への愛慕心を育む。

小児のように、物事や思想に対して畏敬をもって、剛毅に挑戦する。

求めて止まぬ人生への歓喜と探究心を失わない。

人は信念と共に若く、疑念と共に老いる。

人は自信と共に若く、失望と共に老いる。

希望ある限り人は若く、絶望と共に人は朽ちる。

大地から、神から、人から、美しい精神と壮大な勇気を

感受する限り、人は『青春』を失わない。

                               おわり

PS.サミュエル・ウルマンは、1900年代前期にアメリカで
   活躍した詩人・実業家です。
   ユダヤ系ドイツ人で、ナチスの迫害を受け、アメリカに
   移住した方だそうです。
   日本では、あまり有名な詩人ではないようで・・・
   詩集等の出版物もあまりないみたいです。
12:57 | YUASA | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
メリークリスマス【MITSUI】 | top | 悩める年頃【MITSUI】

Comments

# 正に!
すげえ共感できる。
正にボクのためにあるような詩ですね。

希望ある限り人は若く←バンド活動はまだまだこれからだー!

絶望と共に人は朽ちる←アッチは正に絶望の域だー!
by: MITSUI | 2009/12/21 10:11 | URL [編集] | page top↑
# 座右の銘にしてね!
1120是非!MITSUIさんの
「座右の銘」にどうぞ!

かのマッカーサー元帥もこの詩を
座右の銘にしてたそうです。

この前のLIVEの時に・・・
“俺は、「成人用パンパース」
してでもドラムを叩く!!”
“世界初の「寝たきりドラマー」を
目指す!!”と豪語していた
MITSUITさんにぴったりと
思います。(笑)
by: YUASA | 2009/12/21 13:52 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://garagex.blog54.fc2.com/tb.php/91-65800387
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。