--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Mon.

MARCY LIVE 鑑賞記・EP1 (MITSUIの日記)

こんにちは、GARAGE-X DrumsのMITSUIです。

昨日、私と、Gt.のYUASA、Vo.のRATSの三人で、地元【 SUN DANCE 】で開催された MARCYBIRTHDAY LIVE に行ってまいりました。(Bs.は、所用で来れなかっただけです。仲が悪いわけではありませんので念のため。)

私は、タマタマ本日、夏休みをとっておりましたが、昨夜の大騒ぎが響き、朝から二日酔いでダウンしておりました。(頭痛、下痢、嘔吐の三重苦。休みにしといて良かった~。)

チラシ

っで、そのLIVEなんですが、Marcy本人とのツーショット写真は撮れたし、サインは貰ったし、大盛り上がりの一夜でした。
ですから、その模様をすぐにでもUPしたいのは山々なんですが、実は、このLIVEが開演する数十分ほど前にちょっとしたアクシデントが発生しちゃいまして、まずは、その模様から皆様にお伝えしなければならなくなってしまったのです。(いえ、別にお伝えしなくてもいいんですけど、面白いので書きたいだけです。)



このLIVEは、夕方の5時開場、5時半開演でした。
我々は、いい席を確保すべく、少し早め(4時20分位)に現地に到着し、開場まで表で待つことにしたのでした。

この季節の4時半前後と言えば、まだまだ日差しも強く、我々は炎天の中、店頭の石段に腰を下ろして開場を待っておりました。
それから20分ほど経った頃でしょうか、突然、RATSくんが大声をあげました。


「あああああっ!」


何事かと驚いて、私とYUASAさんが彼の方を振り向きますと、そこには、目を潤ませながら呆然と立ち尽くRATSくんがおりました。

それから数秒程の間があったでしょうか、彼がユクッリと口を開きました。



「チケット・・・忘れた。」

チケット



私&YUASA「・・・・・・・」



どうやらRATSくん、よりにもよって、LIVEに出かける際に最も忘れてはいけないモノを忘れてきてしまった様でした。

RATSくんが、再び叫びました。

「何しに来たんだ、オレ!」

 ↑

『こっちが聞きたいわ!』

っと、そんなツッコミを入れたかった私とYUASAさんでしたが、実際には、そのあまりの出来事に、言葉を失っていたと言うのがホントのところでした。

暫くして、YUASAさんが何とか口を開きました。

「・・・っで、どうすんのよ、RATSさん。取りに帰る? それとも当日券買う?」

いや、取りに帰ることなど到底無理な話でした。
ここは刈谷と言う三河地方の片田舎、彼の家は名古屋の都心、今から帰っても往復で1時間以上は軽く掛かってしまいます。
どう考えても、当日券を再購入する方法が最も現実的でした。

「まあ、当日券買うしかないんじゃないの?」

私がそう言うと、RATSくんが、溜め息まじりにそっと呟きました。

「でも、あと○○○円しかねえからなあ。」



ドッカーーーーン!


そうなのです。なんと、その時の、彼の財布の中は・・・・。

彼の名誉のために額までは書きませんが、とてもチケットなど買える余裕はありませんでした。
いや、それどころか、「彼は一体、この店でどうやって飲み食いするつもりだったのだろう。」っと、そんな疑問が浮かんで来てしまうほどの貧粗さでした。

この店は、LIVEを見ながら料理を楽しむ店です。
もちろんチケット代にはLIVE料金しか含まれておりませんから、各自テーブルについたら、料理を別料金で注文し、「食事をしたりお酒を飲んだりしながらLIVEを楽しむ。」って言うのが通常のスタイルです。

まあ、何も食わないつもりならそれでも良いのですが、それでは楽しさも半減してしまいます。
っで、実際のところ、そんなナケナシの状態でどうするつもりだったのか彼に聞いてみましたところ、彼は彼なりに、この「食事を楽しむため」の「ある秘策」を事前に用意してきておりました。

しかしながら、その「秘策」たるや、あまりにも我々の常識を超える代物でした。
その方法を聞いた瞬間、私とYUKASAさんは、全身硬直金縛り状態に陥ってしまいました。
そして、なんとかそれを食い止めるべく、すぐさま二人で・・・、

「それだけは絶対やめて下さい!」


っと、大合唱で彼に懇願しておりました。
って言うか、それ持ってくるよりチケット持ってきなさい!って話でした。

えっ? それはどんな秘策だったのか、ですって?
いや、残念ですがそれをここに書くことは、彼の名誉のためにもできません。
また、それを書いたが最後、読んだ方全員が、田村信のできんボーイみたいに(←知らんっちゅうの)、

ちゅっどーーん! んペペペペっ!

っと、パソコンの前で大ブっコケをこいてしまうこと間違いなしでしょう。
そんな危険なこと、私に到底できるはずもありせんので、どうかお許しください。(でも、スゲエ書きたいので、また後日ご報告するかも分かりませんが。)

っで、結局、チケットの件はどうなったのかと言いますと、SUN DANCEのマスターの心優しい対応で、なんとか事なきを得ました。

半月ほど前でしょうか、私がこのLIVEチケットの購入の際、2度に渡って直接店頭に出向き、この店のマスターから手渡しで受け取っておりました。
っで、その際、マスターとちょっとした会話も交わしておりましたので、マスターが私の顔を覚えていてくれてて、事情を話すと、何とも心優しい対応をしてくれたのです。
マスターには感謝の言葉もありません。本当にありがとうございました。

YUASAさんも心打たれたのでしょう、RATSくんに、こう説いておりました。

「よかったねRATSさん。RATSさんもさ、感謝の気持ちがあるなら、奥さんとか子供さんとか連れてさ、これから、この店を利用しないとバチがあたるよね。」

そんな説いに、RATSくんから出た言葉は、

「そうですね。でも、たぶん、来ないと思うけどね。」



でした。
どうやら今回のこの事件は、彼の遺伝子が持つ、根本的な因子によるものだと言えそうです。
ごめんなさいマスター。

長くなりますので、今日はここまでとしときます。
LIVEの模様は、次回EP2のお楽しみと言うことで。 【EP2はコチラ
でも、せっかくなんで、写真だけ載せときますね。

ほとんど顔晒しております。問題ある人、言ってね。
 ↓


marcylive1.jpg
なんか、MARCYのポーズが2枚とも同じなんで合成みたいに見えますが、実際に撮った写真です。

※ プログランキング参戦中。応援クリックよろしくお願いします!
人気ブログランキングへ
18:42 | MITSUI | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
MARCY LIVE 鑑賞記・EP2 (YUASAの日記) | top | ドラム教室初日 (MITSUIの日記)

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://garagex.blog54.fc2.com/tb.php/9-d284acf5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。