--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Fri.

ドラム教室初日 (MITSUIの日記)

こんにちは、GARAGE-X DrumsのMITSUIです。

本日は、私がドラム教室に挑戦した、その初日の緊張感溢れる様子をご紹介したいと思います。

あれは、2007年3月初旬。
今にも降り出してきそうな、そんな夜でした。

教室を主催する楽器店に着いた私は、店員に案内されると、スタジオのドアの前で呼吸を整えておりました。
ノブを下ろし、ゆっくりとドアを開け、中を覗いてみると、そこには、アンプが一つとドラムが2セット用意されているだけの狭い空間が見えました。

studio-drumset.jpg

「あの~、失礼しま~す。」

ソロリと中に入っていくと、片方のドラムセットに、これから私が教わることとなる先生らしき男性が、ニコニコと笑みを浮かべながら座っています。

「あの~、はじめまして、MITSUIと申しますが。よろしくお願いします。」

「あっ、はいはい、こちらこそ、S田です。よろしくお願いします。どうぞ、お座りください。」

指示を受け、私は、もう片方のドラムセットに腰を下ろしました。

それにしても、この先生、見た感じぜんぜんミュージシャンっぽくありません。
歳は私より少し若い程度でしょうか。落ちついた物腰で、髪も短く刈り込んでおり、普通のサラリーマンの様にも見えます。
ドラムをやる人間ってどんな感じなのだろう。ひょっとして、ものすごいクセのあるタイプだったらどうしよう。な~んて少し心配していたのですが、この人なら安心して習えそうです。

っと、ホッとしたのも束の間、すぐにレッスンが開始されました。

まずはじめに、スティックの握り方やドラムセットの呼び方など、基本的事項の説明をザッと受けると、続いて、ホワイトボードに書かれた譜面を基に実技練習に入っていきました。
内容としては、右足(バスドラ)と左足(ハイハット)の練習。カウントは、40と超スローペースからです。

まず1拍目で左足と右足を同時に踏み、続けて2拍目は右足のみ、3拍目で再び左右同時、最後の4拍目は左足のみの手順で2小節。
続いて、左右同時、左足のみ、左右同時、右足のみを2小節。
・・・っと、そのパターンを延々と繰り返す練習。

しかも、パワーを出すため、踵は少し浮き気味にしろってことです。(ヒールアップと言います。)
はじめはかなりぎこちなかったのですが、それでも暫く続けていると要領がつかめてきます。

「おっ、なかなかウマイですね。初めてにしてはイイじゃないですか。今日は初日なんで、足だけにしとこうかと思ってたんですけど、結構いけそうなんで次に進みましょうか。」

今度は、この足のパターンに、両手の動作(オルタネート)を加えたもの。(4Wayって言います。)
ところが、ただ単に手を加えただけのこの動作が、なかなかのクセ者。
腕の動作が入っただけで全身が硬直し、足の方までもがうまく動かなくなるのです。
しかも、スティックは、振り下ろして打面を叩いた直後、打面の2~3cm上の位置で止めなければならない。(ダウンストローク。これがまた難しい。)

失敗してはまた繰り返しの連続。
どうしても右足と左足を切り替える時にタイミングが狂う。
先生の手本に合わせてやってみてもウマクいかない。
特に左足が、言うことを聞いてくれない。ああ、歯痒いことこの上ない。
疲れもピークに達し、フクラ脛の辺りがヒクヒクと痙攣。
もう限界。動きが止まりかける寸前でした。

規定の30分が終了した様です。

「はい、お疲れさまでした。今日はここまでにしときましょう。それでは来週までに、今日のこのパターンをシッカリと練習してきてください。」

「あっ、ありがとうございました~。しつれいしま~す。」

基本中の基本の動作にも関わらず、手と足をバラバラに(本当はバラバラではないんですけど。)動かすことがこれほど難しいとは、思ってもみませんでした。こいつは先が思いやられそうです。

ドアを開け、外に出た私は、フ~っとため息をつくと、夜空を見上げました。

「ああ、バンド結成なんて、いつのことやら・・・。」

雨粒がひとつ、ポツンと頬を濡らしました。

※ プログランキング参戦中。応援クリックよろしくお願いします!
人気ブログランキングへ
21:15 | MITSUI | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
MARCY LIVE 鑑賞記・EP1 (MITSUIの日記) | top | 宴の序章 (BAND HISTORY・EP2)

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://garagex.blog54.fc2.com/tb.php/8-27409730
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。