--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Tue.

音楽系映画を観ました

こんちわ~(^^)/   GARAGE-X GuitarのYUASAでおわす。

前回、ご紹介しました、映画「少年メリケンサック」にVocal役で
出演していました、俳優「田口トモロヲ」さんが初めて監督した
映画を見ました・・・DVDで・・・だいぶ前だけど・・・。
(2003年制作 原作:みうらじゅん 脚本:宮藤官九郎です)

「アイデン & ティティー」・・・

SPEEDWAY1

ストーリーは・・・ある“PUNKBand”の青年が、音楽や恋愛に行き
詰った時、“ボブ・ディラン”の亡霊?と出会うというお話です!!
・・・
???・・・何で?・・・ボブ・ディランはまだ生きてらっしゃい
ますけど・・・。
意味、理由はよく解りません・・・。
でもそういうのは、問題ではないんです。(^^)!

んでもって、PUNK青年が、亡霊ディランの幻影(ある意味、
青年が“理想”とするRockミュージシャンの「姿」)と、生活のため、
レコード会社との契約のため、“ポップでキャッチーなヒット曲”を
作らなければならない、“現実”とのハザマで苦しみ、葛藤する
「姿」を描いた青春ストーリーです。

ちょっと重たいストーリーかな?と感じるかもしれませんが・・・
そこは・・・ほれ・・・原作:みうらじゅんですから!

血気盛んなBand野郎たちのハチャメチャな生活や生き様が全編
描かれていて、大いに笑えます!
(ちょっと、小学生くらいの子供には見せられないけど・・・)

何か僕も若いころ、この映画の主人公たちと同じように“下心満載!”
でBandやってたな~・・・(赤面)
とか、自分の過去とオーバーラップするシーンが結構あったりして
・・・見てて、ちょっと恥ずかしかったです。(恥笑)
・・・
でも誰だって、若いころ“音楽やろう!”と思う「原動力」って、そういう
“下心”だよね~?(^^! (←誰かに同意を求めている)
・・・
現実、僕の奥さんは、20才のころのBand活動がきっかけで交際
を始め、結婚に至った方です。(^^!照
(奥さんは別の大学音楽サークルのBandでVocalやってました)
・・・
え~~っと・・・映画の感想としては・・・

↓Bass役の大森南朋(なお)さんカッコ良かったです!。(^^)。
大森南朋1

主演は、Guitar役の峯田和伸(ex銀杏BOYS)で、本物の
ミュージシャンです。
・・・
けっこういい演技してます!
Vocal役の中村獅童(ブレイク直前くらい)の影響や刺激が
あったからかな?
本当に、気合いの入った、説得力のある演技だと感じました!
それと、田口トモロヲ監督のキャスティングは、BEST!です。
どの役者さんを見てもこれ以上は望めないという配役ですね。
微妙に知名度の低い役者さんを当てるのも、ストーリーの
リアルさを増すためには、良い効果を出すんですね。(^^)
(制作予算の関係もあると思うけど・・・)

お暇な時&お子さんのいない時に・・・覚えていたら・・・
一度ご覧下さい。
                                           おわり
16:24 | CINEMA REVIEW | comments (1) | trackbacks (0) | edit | page top↑
あと4日!【MITSUI】 | top | あと1週間!【MITSUI】

Comments

# 面白かった
確かにアイデン&ティティはいい映画でした。面白かった。
やっぱ、若い頃にバンドやってるとイイことあるんだなあ、ってよく分りました。
今からでもガンバリマ~す。ライブの打ち上げやりたいっす。
コピーとカヴァーの違いって言う、我々のバンドにも重要なテーマも語られてて、意義深い映画でした。
by: MITSUI | 2009/12/01 22:39 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://garagex.blog54.fc2.com/tb.php/67-b228e0ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。