--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Fri.

ぷらっと和歌山方面1. 【YUASA】

れりご~♪! れりご~♪!
れりご~♪! れりご~~♪!


ここ半月くらい耳について離れない
メロディー(^^!
映画観てないのに・・・(笑)

『Let it Go!』
『ありのままに』と訳されてますが・・・。



『人生は流れのままに』
『人生流れる水の如し』(by黒田(如水)官兵衛)
・・・つ~ことですかね(^^?

こんにちは。
GARAGE-X GuitarのYUASAです。
(どうしても歴オタがでるオヤジ)

今回また、「ぷらっと」は道草して「イアタリア」
シリーズ中休みして(サボって)・・・。
(写真早よ整理せ~よ!・・・ですね?)

GWに和歌山方面に旅してきましたので、
そのご報告つ~ことで。(^^)

今回の旅のテーマは・・・・
『日本史上 三大天才の墓巡り』
の旅!でございます。

人によって「三大」となると、説や意見の分かれる
ところではありますが・・・。
私的に・・・「天才」といえば・・・この三人!

「聖徳太子」「弘法大師空海」「織田信長」

《巡礼ルート》
①大阪南部 羽曳野市近くの太子町という所に
 実はある聖徳太子御廟参拝。
 ※何となく奈良の法隆寺あたりにあると思われて
 ますが・・・違います。

②推古天皇陵参拝。
 双子塚古墳散策。
 小野妹子お墓参拝。
 源(八幡太郎)義家のお墓参拝。

③YUASA家のルーツ、和歌山県湯浅町巡り。
 ※三人の大天才とは関係ありませんが
 醤油発祥の地です。

④高野山龍泉院にある織田信長のお墓参拝。
 その他戦国大名等のお墓参拝。

⑤高野山奥の院にある弘法大師空海御廟
 (灯篭堂)参拝。

もう完全に「墓マイラ~」の旅ですね!?


【大阪府南河内郡太子町】

01叡福寺1
叡福寺(えいふくじ)
聖徳皇太子磯長(しなが)御廟

02叡福寺2
思ったより小さなお寺の中にあります。
(日本の礎を成した大天才なのに)
平安時代末期、親鸞聖人(浄土真宗)もここを訪れ
修行したとか・・・。

03叡福寺3
叡福寺配置図

04叡福寺4
御廟の遠景
小さな山というか丘が太子のお墓です。

05叡福寺5
叡福寺遠景

06宝塔
宝塔

07叡福寺聖雲殿
聖雲殿

08聖徳太子御廟
聖徳太子御廟

09二上山
太子町近くにある霊山:二上山
修験道の開祖:役行者(えんのぎょうじゃ)が
修行した御山です。

10推古天皇陵
推古天皇陵
叡福寺から徒歩15分くらいのところにあります。
聖徳太子の叔母にあたる女性天皇です。

11推古天皇陵
私的には、広島県安芸の厳島神社を建立した
天皇として記憶してます。

12双子塚古墳
双子塚古墳
推古天皇陵から徒歩5分
600年代くらいの古墳(埋葬者は不明)です。
おそらく聖徳太子と同年代くらいに生きていた
豪族のものでは?と考えられています。

13双子塚古墳
小さな石室
廻りは田畑ばかりで、のどかな所です。

14小野妹子墓
小野妹子の墓
双子塚古墳から徒歩15分
歴史の教科書に載ってましたね~?

15小野妹子ノ墓
聖徳太子の命により「遣隋使」として中国に
渡った“外交官兼学者兼冒険家?”です。

色々あって、2度も中国に渡った人で、帰国
して大化の改新の後に“国博士”の称号を得て
政治に深く関わった人です。
(この人も大天才と言えますね?)

16通法寺跡
羽曳野市:通法寺
ここは、平安時代、河内源氏発祥の地です。
現在は廃寺で山門が残るだけ。

17源頼義ノ墓(河内源氏2代)
二代目:頼義の墓。

18源頼信ノ墓(河内源氏租)
初代:頼信 三代目:義家の墓碑。

19源義家ノ墓(河内源氏3代)
三代目:義家の墓。
日本史上、義家さんが有名ですかね?
鎌倉幕府を開いた征夷大将軍:源頼朝は
義家の曾孫にあたります。

中部地方で縁(ゆかり)と言えば、“おちょぼさん”
で有名な岐阜県海津市の「千代保稲荷」さんは
義家が領地を六男(義隆)にゆずる際に詠んだ
和歌に由来します。
“この地の平和を千代に(永遠に)保ちなさい”
という意味の和歌です。

20-1湯浅港
一路和歌山県へ。
有田郡湯浅町。

20湯浅町1
ここは鎌倉時代、醤油発祥の地として有名です。
江戸時代の味噌蔵・醤油蔵が残っていて
歴史保存地区に指定されています。
ちなみに、紀伊国屋文左衛門はここ出身の豪商
です。

22湯浅町3
臨済宗開祖:栄西の弟子で「覚心上人」て方が
宋(中国)に留学した時、径山寺(きんざんじ)で
味噌の作り方を学び帰って、この地で味噌を作り
始めたのが「金山寺味噌」の興りです。

23湯浅町4
味噌樽に溜まる液体を舐めてみたら・・・
美味しい!!てことがわかり、これが
「溜(たまり)醤油」のはじめでございます。

24湯浅町5
江戸時代から続くお風呂屋さん。

25湯浅町6
近年までほんとに営業してたらしい。

26湯浅町7
金山寺味噌・湯浅醤油の老舗:角長さん。

27湯浅町8
“行燈祭り”を毎年開催してて、入選作品が
あちらこちらで展示してあります。

28湯浅町9
喫茶店のレトロな感じで、ほっこり・・・。

30白黒1
レトロな街並みをモノクロで。

31白黒2

32白黒3

33白黒4

34白黒5

35白黒6

36白黒7

37白黒8

40湯浅城1
宿泊先ホテル:湯浅城
国民宿舎で天然温泉付きだよ!
天守閣は歴史資料館になってます。

41湯浅城2
平安時代末期に「湯浅宗重」という武将がいて、
この山頂にお城を築いてたらしいです。
室町時代初期までの約300年間この地を治めて
いたのが湯浅一族。

43湯浅城3
天守閣から湯浅町~港を一望。

44湯浅城4
歴史探訪を終えたら、紀州の新鮮な食材
料理でお腹一杯!!(^^)/
                   おわり

00:08 | YUASA | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
名古屋メシ【とん八】 | top | ぷらっとイタリアVol.5  【YUASA】

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://garagex.blog54.fc2.com/tb.php/221-71c6756d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。