--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Sat.

久能山東照宮を御参拝【MITSUI】

昨日、仕事の関係で、関係者をお連れして東静岡のマンションを視察しつつ、そのついでに、すぐ近くの久能山東照宮まで足を運んでまいりました。

天気予報で大雨だと聞いていたので覚悟しておりましたが、なんとか帰りまで降らずにいてくれました。やはり私の日頃の心がけの効能と言ったところでしょうか。

久能山東照宮は、皆様ご存知の通り、あの徳川家康がお祀りされていると言われている歴史的価値の高いお宮です。また、当時の木造技術の粋を集めた国宝建築物でもあります。

その輝きは半端なく、しかも、ここ最近塗り替えられたばかりだと言うことで、曇り空の中でも装飾の一つ一つが美しく、きらびやかな姿を見せてくれておりました。

それでは、写真を撮ってきましたので覧下さい。
一応、皆さんを引率しながらの撮影でしたので、ベストショットと言うわけにはいきませんでしたが、ご了承ください。って言うのは完全な言い訳です。(笑

まずは日本平山頂からロープーウェイで久能山東照宮へと向かいます。
P5270186.jpg

咽ぶ様な緑の中を抜けながら、東照宮まで5分ほどで到着。
石段の上に「楼門」が見えてきます。
P5270192.jpg

この門が東照宮の入り口となります。
P5270193.jpg

「楼門」を抜けると、目の前に、拝殿の入り口「唐門」が見えます。
ただし、特別な日以外は、このまま真っすぐに石段を昇って中に入ることはできません。
P5270196.jpg

通常は、迂回して、この裏門から拝殿へ入ります。
P5270201.jpg

そして門をくぐると、あまりにも美しい拝殿のお姿が目に飛び込んできます。
P5270203.jpg

拝殿「蟇股」部に彫刻された「司馬温公の瓶割り」の図は、生命の尊さが込められているとのことです。
P5270204.jpg

更に参道を歩くと、徳川家康公の遺骸が埋葬された真廟(しんびょう)へと到着します。
ここが東照宮の最終地点です。
合掌。
P5270208.jpg

本当は、富士山の望める絶景スポットもあるのですが、曇り空のため、お顔を見せてくれませんでした。
それに、昨日はタイトなスケジュールの中、駆け足での御参拝だったので、ユックリと散策する事ができませんでしたが、機会があれば、もう一度ジックリと撮影に訪れてみたい、そんな美しいお宮でした。
15:07 | MITSUI | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
ぶら~っと横浜→千葉  【YUASA】 | top | 物欲復活!OLYMPUS PEN Lite E-PL2【MITSUI】

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://garagex.blog54.fc2.com/tb.php/161-9477a39a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。