--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Sat.

40年前に起きた、ある児童虐待事件に迫る!

こんにちは、DrumsのMITSUIです。

最近、テレビのワイドショーなどを見るたび、子供をうまく育てられない親達のニュースをよく目にし、胸が痛みます。

今の日本社会全体が、どこかおかしくなって来ているのでしょうか。

いえ、これは決して今だけの話ではないように思えてなりません。

なぜなら、私は、こう言ったニュースを聞くたび、遠い昔に見た、ある忌まわしい虐待事件を思い出すからです。

そう、あれは、昭和43年の事。

当時小学生だった実の我が子に虐待の限りを尽くした父親に対し、懲役10年という判決が言い渡された悲惨な事件が起きたのです。

今宵は、正に「児童虐待のハシリ」とでも言うべきその事件を伝えた、当時の報道記事をご紹介することにしましょう。
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・

昭和43年。

長男を虐待したとして傷害罪などに問われていた、自称「日本一の日雇い人夫」 星一徹 40歳くらい? に対し、東京高裁は、懲役10年の判決を言い渡した。

(被告人:星一徹(日本一の日雇い人夫))
星一徹

判決によると、一徹被告は、毎晩の様に酒に酔って帰宅し、長男 星飛雄馬君(12歳)と、長女 星明子さん(15歳くらい?)の目の前で、卓袱台を引っくり返すなどの暴力行為を10年以上に渡って繰り返していた模様。

(卓袱台を引っくり返し、暴れまわる被告人)
ちゃぶ台

その上、長男の飛雄馬君に対しては、毎日の様に、

うさぎ飛びを強要したり、

火の着いたボールをぶつけたり、

重いコンダラを引かせたり、

したうえ、

(重いコンダラを引かされている飛雄馬君)
コンダラ

被告自らが作ったと言う、

バネ仕掛けの拘束具!

で縛りつけるなどの虐待を繰り返し行っていたと言う。

(拘束具で縛られた痛々しい飛雄馬君)
星飛雄馬養成ギプス

また、長女の明子さんに対しては、小学校、中学校を通して、一度も学校に通わせることなく、自宅に軟禁状態のまま家事手伝いをさせていたことが、明子さん本人の証言から明らかとなった。

(学校に行きたいと願う明子さん)
星明子祈り

当時、一徹被告は、この虐待について、

「ド根性を植え付けたかっただけだ!」

などと、その事実を否認し続けていたが、本法廷の 花形満裁判長 は、

「明子さんをイジメル様な被告の供述など到底信用できるものではない!」

と、私情丸出しの見解により、その証言を退けた。

また、同じ長屋に住む住人からの証言によれば、被告人の家からは、毎晩の様に、

「父ちゃんなんか大嫌いだ~!」

と言う飛雄馬君の泣き叫ぶ声が長屋中に響き渡っていたと言う。

また明子さんについても、ほとんど外出している姿を目にしたことがなく、たまに電柱の影に隠れているところを見かける程度だったとのことである。

(電柱の影から、怯える様に顔を出している明子さん)
星明子電柱

裁判当日、被告席の一徹は、反省の素振りすら見せ様とせず、裁判長が判決文を読み上げている間も、ときおり傍聴席に向かって、

Vサイン!

をするなど、終始ふてぶてしい態度を続けていたと言う。

(どこまでもふてぶてしい被告人)
Vサイン


↓裁判員の皆さん、どうぞ判決をお願い致します。
人気ブログランキングへ
21:50 | MITSUI | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
酷暑の中、皆さんお元気ですか?  【YUASA】 | top | 早乙女愛さんを偲んで 【MITSUI】

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://garagex.blog54.fc2.com/tb.php/134-e6caf60a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。