--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Wed.

ぷらっとイタリアVol.3 【YUASA】

新年あけまして、おめでとうございます。(^^)/

本年もGARAGE-Xを宜しくお願い致します。

本年も仕事に趣味にガンバルぞ~!!っと・・・

“ぷらっとイタリア”Vol.3でございます!

《ローマ編》
ローマ1
ナポリ→ローマへバス移動
市内中は古代遺跡ごろごろ・・・。

ローマ2(ハドリアヌス帝霊廟)
サン・タン・ジェロ城
ローマ帝国:ハドリアヌス帝の霊廟です。
(テルマエ・ロマエで市村正親さんが演じた皇帝ですよ)
現在も博物館兼ローマ法王の緊急時避難用の
“要塞”になってます。

あと、映画:ローマの休日のダンスパーティーのシーン
でオードリー・ヘップバーンとグレゴリー・ペックが
大暴れした所ですよ!(^^)

ローマ3
バチカン市国
白ラインが国境です。
※人口は、法王、枢機卿、身のまわりのお世話をする人々
を含めて2千人くらい。

ローマ4(オベリスク)
オベリスク
中世にエジプトのアレキサンドリアから運んだ
古代エジプトの遺物です。

ローマ5(ベルニーニ設計)
サン・ピエトロ広場
中世イタリアの大建築家&彫刻家:ベルニーニ設計

ローマ6(ブラマンテ設計)
サン・ピエトロ大聖堂
総大理石造で世界最大!の寺院
ルネッサンス様式建築の大傑作です。
設計はブラマンテ、ミケランジェロ、ベルニーニ他
によるものです。

ローマ7
屋上回廊のキリスト教聖者の彫刻もベルニーニ作
奥の建物の最上階右から2つ目の部屋が、ローマ法王
の部屋です。

ローマ8(スイス衛兵)
スイス衛兵
制服がルネッサ~ンスですね!
デザインはミケランジェロですよ。
※伝統を重んじて中世のデザインを継承してるんだね!

ローマ9(バチカン美術館)
バチカン美術館

ローマ11
美術館中庭

ローマ12
この大きな松ぼっくり(青銅製)は古代ローマ帝国時代
の出土遺物です。

ローマ13
ユリウス・カエサル(シーザー)像
昔はこうして大理石像に着色してたらしいです。

ローマ14
美術館入口

ローマ15
古代ローマ帝国時代の出土品が多いです。
おっぱいたくさん付いてる女神像・・・。

ローマ16
はだかの男性がもだえてます。

ローマ17
天井画はルネッサンス期(1400~1600年代)の
名だたる画家たちの作品群。

ローマ18
広場のオベリスクはこうして船で運びました。

ローマ19
500年前のタペストリー(織物)です。
これは、“最後の晩餐”です。
※頭に天使の輪がない人が「ユダ」です。

ローマ20
キリスト誕生~架刑~復活までの物語が刺繍
されてます。
当時は識字率も低かったので、こういう絵を見せて
布教していました。

ローマ20-1
システィーナ礼拝堂
撮影禁止だったので、ガイドブックの写真で。(^^)
正面+天井画はミケランジェロの大傑作。(フレスコ画)

ローマ20-2
これが“最後の審判”
アイアン・メイデンの“最後の審判”のフレーズが
頭の中を駆け巡りましたよ!

ローマ20-3
ミエランジェロが4年の歳月をかけた天井画。
梁に見えるところも絵ですよ!

ローマ21
キリストの一番弟子:聖ペテロ像
この像の真下にペテロのお墓があったそうです。

ローマ22(聖年の扉)
大聖堂入口:聖年の扉
25年に1度開かれる扉で、次回は2025年です。

ローマ23
歴代の法王様が祭られてます。

ローマ24
この絵は、絵の具ではなく、モザイクタイル貼り。
(なんつ~緻密さでしょう!)

ローマ25
懺悔室 現役で使用してます。

ローマ26
ピエタ像:これもミケランジェロの大傑作。
※数年前に暴漢が金槌でマリア様の鼻を砕いて
しまったので、現在は防弾ガラスで保護してます。

ローマ27
聖ペテロのお墓
天蓋はベルニーニ作
ドーム屋根はミケランジェロ設計
※古代ローマ帝国時代の建築家:アグリッパ設計の
パンテオンのドームを参考にしたそうです。

ローマ30
トレビの泉
噴水の水は古代ローマ時代の地下水路を
現在も使用して導水してます。

ついに・・・ローマの休日!!(≧∀≦**)ですな!
コインを投げ入れて・・・また訪れるでよ~!

ローマ31
オードリーのマネしてジェラート食べて!

ローマ32
お土産屋さんをぶ~らぶ~ら。

ローマ33
スペイン広場に到着。

ローマ34
正に僕の座ってるところに世界のアイドル:
オードリーが座ったわけですね!(感慨無量!!)

ローマ35
スペイン広場からのローマ市街
高層建築物は建てさせないのです。
地下には未発掘の遺構がたくさん埋まってるから。

ローマ36(コンスタンティヌス帝凱旋門)
凱旋門(コンスタンティヌス帝)
ナポレオンさんがパリの凱旋門を作る際に参考
にした門です。

ローマ37(コロッセオ)
コロッセオ
AD80年ウィスパニウス帝時代に建設。
推定4万~5万人収容・・・2000年前ですよ!

ローマ38
建設当時は大理石貼りの外壁だったのです。
壁の穴はその大理石を固定するアンカーボルトの跡。
驚愕の建設技術!

ローマ39
コロッセオ内部

ローマ40
このあたりも“暴君ネロ”や“カリギュラ帝”も
歩いてたのですね~。

ローマ42
当時は壮麗な大理石貼りで絢爛豪華だったの
でしょう。

ローマ42-0
古代ローマ帝国時代の復元模型。
世界中“全ての道はローマに通ず”ですわ!マジで!

ローマ42-1
コロッセオ復元模型。

ローマ42-2
当時はこんな感じで日除けの天幕張って
観戦してたらしいです・・・。
2000年以上前ですよ!!(信じれん)

ローマ50(ストゥファート)
イタ飯:ストゥファート

ローマ51
マカロニ料理
ちょっと油っこかったけど旨かった!

ローマ52
白身魚料理・・・名前忘れた・・・。

                        おわり

ps.ローマの休日映像も合せてご覧下さい。(^^)/
         ↓
    VACANZE ROMANE 1953 - 2011
スポンサーサイト
00:59 | YUASA | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。