--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Fri.

ぷら~っと山陰    【YUASA】

今年も猛暑の夏!日本の夏!!
みなさん生きてますか~!?

節電が叫ばれてるので、“クーラーかけずに寝るぞ!”
と頑張ってたんですが・・・扇風機で夏風邪をひいて
しまった私です。

こんにちは~ GARAGE-X GuitarのYUASAです。

今年の我が家の夏旅は、「山陰地方 日本神話の旅」
と題して島根~鳥取~京都~滋賀と渡ってきましたので、
ご報告します!(^^)

今回の行程はけっこう山間部の道のりが長くて、正直バテ
ました。
(2泊3日の走行距離:約1,200㎞)

・・・地図を見てると、なんだけっこう行けそ~じゃん・・・
とか思うのですが、行ってみると思いのほか厳しかったり
しますよね?
そういうハプニング等も旅の面白さの一部ですが・・・。

まず向かったのは鳥取県境港市の・・・

①ゲゲゲの鬼太郎「水木しげるロード」
水木しげる記念館1
  やっぱ猫むすめはこの“クワッ!”↑っときてる顔が一番かわいい(笑)

水木しげるロード2
↑どこの田舎にもありそうな商店街が・・・
 「妖怪関連商品・食べ物」で埋め尽くされております!
 ここまでコンセプトを徹底すると凄いです!
 NHK朝ドラ人気も落ち着いているだろうと思いきや
 大変賑わっておりました。

ゲゲゲの鬼太郎1
商店街~境湊駅までの「水木しげるロード」沿いに
並ぶ鬼太郎と数々の妖怪たち

牛鬼1
↑私が子供のころ一番強烈な印象を受けた「牛鬼」
 鬼太郎もかなわなかった牛鬼をやっつけてくれた
 「迦楼羅様」ありがとう! かっこよかったです!(^^)

水木しげる記念館も大変よかったですよ!
ゲゲゲの鬼太郎のみならず、水木さんの生立ち~漫画~
アニメの歴史がわかる資料館でした。
やっぱこの地方は小泉八雲の「耳なし芳一」に代表されるように、
“妖怪・お化け”の「聖地」ですな!


その後、境湊を出て宍道湖(しんじこ)の北側を走って出雲へ

宍道湖1
私は今回初めて宍道湖を見たのですが、本当にきれいな湖です。
湖畔沿いの田園風景も最高です。

②出雲大社~古代歴史資料館
出雲大社平成大遷宮の工事現場が見学できるとの噂を聞き、
往復ハガキで申し込んで行ってきました。

御本殿内に入り、神様の近くに行くので服装制限が有り、
帽子、ジーパン、半ズボン、Tシャツ、ミニスカート、
ハイヒール等は禁止でした。


出雲大社(正式名:杵築(きずき)大社)といえば、若いころ
「建築史」で、“高床・切妻・妻入り”の建築様式を代表する
建物として“お勉強”したのを思い出します。(^^)

現在、出雲大社は60年ごとに行う遷宮工事に入っており、
御本殿は、大きな仮設上屋に覆われ、屋根の檜皮の葺替えや
傷んだ部材等を修復する工事をしています。

60年前の遷宮以前は、作事場に一般人が入れることなど
なかったそうです。 神聖な場所ですから。
※女人禁制で大社の巫女さんも御本殿には入れないし、
 天皇陛下でも御本殿下の回廊までしか入れないとか制約が
 あるのだそうです。

そんな神聖な社の中は当然写真撮影等は禁止なので・・・
こちらでご覧ください。m(__)m
出雲大社遷宮パンフレット1
(パンフレット)

出雲大社遷宮工事記念品1
(記念品で貰えた本殿屋根の檜皮古材)

出雲大社(拝殿1)
(出雲大社拝殿)
拝殿の後に見えるのが御本殿を覆う仮設上屋、
左側が遷宮に伴う仮本殿です。

手前に写ってる二人は絶対「不倫カップル」だと思いました!
不謹慎だぞ~!!
↑おっさんの妄想です。(笑)

ちなみに、旧暦10月を「神無月」(かんなづき)と言いますが、
この御本殿に日本中の神様が集合して会議をするため、
日本中の神社から神様がいなくなってしまうのでついた
呼び名です。

大国主命1
(大国主命像)
※大国主命が天照大神にこの国を譲られてたのを記念して
 建立されたのが出雲大社の始まりです。
 (by「日本書記」)

 「日本神話」は登場人物の名前等が難しいのでとっつきにくい
 印象があったのですが・・・
 この歳になって改めて書籍などを読み返してみると、
 太古から幸せを祈願して止まない平和な国であることがわかります。
 「この国に生まれて良かったな~・・・」としみじみ思ったりします。


古代出雲歴史博物館1
(古代出雲歴史博物館)
※この博物館内はノーフラッシュなら撮影OKです。

古代出雲歴史博物館(宇豆柱1)
(発掘された宇豆柱)
※2000年の御本殿敷地発掘調査で発掘された御柱
 (直径約70㎝の杉の巨木3本1組にしています)

古代出雲歴史博物館(模型1)
(平安時代の出雲大社復元模型)
高さ:地上16丈(約48m)(by「口遊」(くちずさみ))
   ※平安時代の貴族の教科書

個人的には発掘された宇豆柱と合わせて、かなり信憑性がある!
・・・と思います。

古代出雲歴史博物館(国宝銅鐸2)
(加茂岩倉遺跡出土の銅鐸(国宝))

古代出雲歴史博物館(国宝銅剣群1)
(荒神谷遺跡出土の銅剣358本(国宝))

もう出土品の量と品質の良さはハンパないです!

出雲地方のお宮や遺跡、出土品を見ていると、日本いう国
の始まりはこの地方だったに違いない!と思えてきます。

③鳥取砂丘
鳥取砂丘1
ここは、白骨遺体騒ぎで盛り上がっておりました!
(捜査の結果、江戸時代の遺体だったそうです)
この地方も、出雲の大国主命が助けた「因幡の白ウサギ」伝説(by「古事記」)
があります。
騙したワニに仕返しされて、皮を剥がれた白ウサギのお話です。
(痛々しい話ですが・・・ちょっと笑えるお話です)

④天橋立(京都府)
天橋立1
言わずと知れた「日本三景」の一つ
こちらにも神話があって、この国を作った伊射奈芸命(いざなぎのみこと)
が天界と地上を通うために掛けた梯子が倒れちゃってできたとされています。
(by「古事記」)

なかなか山陰地方は行く機会がなかったのですが、今回改めて認識しました。
史跡・旧跡多いし、温泉多いし、名勝地多いし、そんな混んでないしで・・・
最高じゃ~ないですか~!山陰!
つ~ことで、また時間みつけて行こうと思います!

この後、滋賀県近江八幡市にある「信長の館」に行ったのですが、
それは「日本神話」とはちょっと関係ないので省略します。
また「戦国時代」についての記事の際にご紹介したいと思います。
(^^)/
                                  おわり
スポンサーサイト
00:08 | YUASA | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。