--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Sun.

湘南・鎌倉・江の電の旅【MITSUI】

こんにちは、Drums MITSUIです。

5月28日と29日の二日間をかけて、湘南・鎌倉・江の電の旅に、私とカミさんと娘の三人で行ってきました。

日頃、旅慣れていない私達家族にとっては、なかなかハードな旅でした。

初日、朝6時に車で自宅を出発し、江ノ島まで高速でざっと4時間半の行程。

長丁場でしたが、天候にも恵まれ、気持ちのよいドライブができました。

車中からクッキリと富士山が望み、気分は最高。

P1010006.jpg

途中渋滞もなく、予定通り10時半チョイ過ぎに江ノ島到着。

適当にコインパークを探して車を停めると、そこから「江ノ島駅」まで歩いて5分。

駅で一日乗車券「のりおりくん」を購入し、江ノ電の終点「鎌倉駅」へと向かいました。

まずは一旦終点まで行き、そこから要所々々の駅で下車しながら江ノ島駅まで戻ってくると言う計画です。

P1010053.jpg

鎌倉駅を降りると、駅から鶴岡八幡宮までを繋ぐ山道「小町通り」を散策しながら進みます。

平日にも関わらず小町通りは大盛況。

大勢の観光客で賑わっていて実に活気があります。

人力車が何台か客引きをしてましたが、あまり使ってる姿は見られませんでした。

商売になってるのでしょうか。

そろそろお昼も近かったので、鳥居前のお蕎麦屋さん「一茶庵」で早めの昼食をとることに。

腰のある、おいしい蕎麦をいただきました。

P1010010.jpg

昼食後は、「鶴岡八幡宮」を参拝。

とても立派で美しいお宮です。

丁度結婚式が執り行われているところに遭遇。

P1010011.jpg

続いては「長谷駅」で下車。

「長谷寺」「高徳院」「光則寺」と三つのお寺を巡りました。

中でも印象深いのは、最初にお参りした「長谷寺」でしょう。

和み地蔵さん(下の写真)も可愛かったのですが、それよりなにより「観音堂」に奉られている「観音像」の荘厳なお姿は圧巻です。(撮影禁止でしたので写真はありませんが。)

P1010018.jpg

続いて、「高徳院」に移り、大仏様をお参り。

胎内まで入って拝ませていただきました。入胎料20円也。

P1010040.jpg

次に向かったのは「光則寺」。

こじんまりとしたイイお寺で、美しい花々を見る事ができる素敵な空間です。

何故か、お寺のすぐ横に孔雀小屋があり、孔雀の「クースケ」くんが羽全開で出迎えてくれました。

P1010047.jpg

本日最後の降車駅は、「極楽寺駅」。

駅名のお寺、「極楽寺」を参拝です。

縁結びのパワースポットと称される御不動様の前で、お経の真っ最中の僧侶を写真に納めました。

これで娘も嫁に行けるでしょうか。

P1010059.jpg

寺を出て、近くのカフェ「GOKURAKU亭」で一服。

アンティークを眺めながら美味しいコーヒーをいただくと、そろそろイイ時間です。

P1010062.jpg

足の疲れも限界。

今日はこの辺りで宿へと向かうことにします。

宿泊先は、江ノ島の島内にある「恵比寿屋」さんと言う歴史ある旅館です。

湘南の海岸が望める大浴場でユッタリと汗を流した後、部屋で小一時間過ごすと、さ~て、いよいよ待ち待った夕食。

そう、元々この旅館を選んだ理由が料理の評判の良さだったのですが、評判通り、いやそれ以上の素晴らしい料理が堪能できました。

素材と出汁の旨みを見事に生かした上品な味付けは絶品。

お魚も新鮮でとろけそう。

いや~、マジでうまかった。

P5280071.jpg

担当してくださった仲居さんの応対も温かく、江ノ島に泊まるなら絶対お薦めのお宿です。

食事を終えると、まだまだ寝るには早過ぎる時刻ではありましたが、明日に備えて早々に消灯することに。

しかし、疲れ過ぎて神経が高ぶっていたのでしょうか、なかなか熟睡できず、ウトウトと浅い眠りのまま朝を迎えてしまいました。

2日目は、ハードな江ノ島の島内散策を予定しているので、こんな寝不足状態で大丈夫でしょうか。

なにより帰りの運転が心配です。

っと言ったところで本日はこれまで。

続きはまた次回とさせていただきます。

※ 人気プログランキング参戦中。応援クリックよろしくお願いします!
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
21:24 | MITSUI | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。