--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Tue.

『色即ぜねれいしょん』 レヴュー(MITSUI)

こんにちは、Drums MITSUIです。
昨日、レンタルDVDにて、「アイデン&ティティ」に続き、田口トモロヲ、みうらじゅんコンビが放った第2段、「色即ぜねれいしょん」を観たので、感想なんぞ一つ。

いや~、面白かった。
中途半端に悩み苦しむ、だらしない青春時代を描かせたらこのコンビは最強だ。

shikisoku02.jpg

だけど、この作品が描く世界は、何の躊躇いもなくラブホテルに直行する高校生や、体育会系のモテモテ男子には理解できない青春だと思う。
「やりたくてもなかなかやれない。」そんな悶々とした青春を生きてないと、この作品の哀れさ、バカバカしさは味わえないだろう。

舞台である1974年当時の「奥手高校生達」の生態を生々しく描いた映画だけど、悩みのレベルがあまりに低過ぎて呆れちゃうかもしれない。
だけど、自分自身も確実にそんな日々を歩んできた一人なわけで、その辺りの描写があまりにもリアルで、私は、この主人公にかなりの部分で同期していると思う。

この映画はみうらじゅんさんの自伝なわけだが、私は、そのみうらさんと同世代の人間である。
まず、この作者と同世代だと言うことが、共感できる要因としては非常に大きいと言えるだろう。

しかも、私立男子高校の文科系で仏教系高校ってところも同じで、講堂の舞台奥に仏像が飾られてるシーンには、私の高校の講堂も正しくあんな感じだったんで、思わず笑ってしまった。

shikisoku01.jpg

不良にもなれず、かと言ってマジメにもなれない中途半端な立ち位置も、女子に対してあと一押しが足りず見す見すチャンスを逃してしまうダメップリも痛い程共感できた。

当時の私はロックをやってなかったので、作中の「歌は武器だ!」と嘯くその恩恵には授かっていないが、クライマックスの文化祭シーンで主人公が味わったであろうカタルシスは、私が文化祭で体育会系の連中と協力して映画を作り上げた感動とシンクロした。

「アイデン&ティティ」は、青春時代にロックと接していた人達にとってはリアルな映画だっただろう。でも、私にとっては、明らかにコチラの方が身近に感じられた。
それ故に、当時の自分のあまりにも情けない部分を晒け出されている様で、どこか気恥ずかしさを覚えたのも事実である。

次回このコンビには、是非とも、「青春ノイローゼ」の映画化をお願いしたい。

【公式サイト】

スポンサーサイト
12:52 | CINEMA REVIEW | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。