--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Sun.

宴の序章 (BAND HISTORY・EP2)

2007年2月末。
私:MITSUI がドラム教室へ申し込みをしてから半月ほどが経ったある日。
名古屋市のとある居酒屋において、密かに飲み会が開かれておりました。

居酒屋

いや、これは単なる飲み会などではありません。
この夜は、私がバンドを結成したいが為に、気の合う職場の人間をこの場に呼び寄せ、仲間に引き摺り込もうとする、云わば「GARAGE-X 誕生前夜」と呼ぶに相応しい一夜だったのです。

私が誘ったのは、最終的に当バンドのギターを担当してくれることとなる「YUASAさん」と、以前同じ事務所で仕事をしたことのある後輩の「K君」の二人でした。
とりあえず生ビールで乾杯すると、私は早速用件を切り出しました。

「実はオレ、この前ドラム教室ってのに申し込んで来てさ。こうなったら是が非でもバンド結成を実現したいわけよ。」

それを聞いたYUASAさんが目を丸くして言いました。

「あれっ、エレキやるって言ってたじゃないですか? 結局ドラムになっちゃったんですか? しかも教室にまで入っちゃいましたか? いや、こりゃあ本気ですね。」

私は、続けました。

「うん、何故かそうなっちゃったのよ。そこで相談なんだけどさ。YUASAさんには是非ともギターをお願いしたいんだけど。どうかな?」

そう言うと、YUASAさんから、即答で嬉しい返事が返って来ました。

「いいですよ。オレ今フリーですから、何でもやりますよ。」

よかった、これでまずは一安心。
もし、YUASAさんがOKしてくれなかったら、素人の私一人の力だけでは、到底バンド結成など不可能だったでしょう。
これで何とか、第一歩を踏み出すことが出来そうです。
ビールを口に運びホッと一息付くと、続いてK君の意向を聞いてみることにしました。

「っでさ、よければ、K君も一緒にやらないかなって思ってさ。確か、昔ギターやってたって言ってたよな。最近そっちはどうなの?」

すると、K君が、困った様に頭をかきながら言いました。

「いや、まいったな。ここ何十年とギターなんて触ってないですからね。とても無理ですよ。」

「大丈夫だって。適当にジャカジャカやってりゃあいいからさ。人数多い方が楽しいし。そうだ、ついでにボーカルもやってもらえるとありがたいんだけど。」

適当にそう答えると、K君から、

「いや、ボーカルは勘弁してほしいですけど。でもまあ、そんなに言うんなら、ギターだったらやってみてもいいかな。」

どうやら、ギターがもう一本追加された様です。
ギターは、YUASAさんで決定したばかりですが、まあ、サイドってことでいいでしょう。

「いや~、ハハハハハ。まいったなー。こんなにスイスイとメンバーが決まっちゃうとは思ってもみなかったなー。なんかワクワクしてきちゃったなー。」

私の気まぐれで出た世迷い言が、一気に現実味を帯びて来ました。
あとは「ベース」と「ボーカル」が必要ですが、焦らずにユックリと探していくしかないでしょう。
まずは、はじめることが肝心なのです。
【結局、K君は、諸事情によりメンバーに加入することはありませんでした。現在のメンバーが揃うのは、それから何ヶ月も後のことになります。それらのエピソードについては、また後日。】

「じゃあ、このバンド活動が、こうして、ホンの少しだけれど、前に動き出したことを祝って、改めて乾杯しようぜ。」

「カンパ~~~イ!」

こうして、無邪気な男達による「宴の序章」が、静かに幕を上げたのでした。


※ プログランキング参戦中。応援クリックよろしくお願いします!
  人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
16:34 | BAND HISTORY | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Tue.

ドラムへGO! (BAND HISTORY・EP1)

このカテゴリでは、当バンド「GARAGE-X」が如何に誕生し、これまでに至ったかを綴っていきたいと思います。

まず第1回目の今日は、当バンドの発起人である私「MITSUI」が、如何なる理由でバンド結成を決意し、そしてドラムと言う楽器に手を染めることになったのか、そのキッカケとなったエピソードからご紹介してまいりましょう。

そう、あれは、今から2年半ほど前。
2007年の2月初旬の事でした。



大好きな「エレキの若大将」のDVDを見ていて、急にエレキがやりたくなった私は(←なに?なに?なんだって?)、日頃からエレキギターが趣味だと聞いていた、友人のYUASAさんに相談してみることにしました。

「ねえ、オレ、エレキやろっかなあ、なーんて思ってんだけどさ。こんなオッサンになってからじゃあ無理かな?」

すると、YUASAさんが、無責任にこう答えました。

「出来ます出来ます。ぜんぜん大丈夫です。いいじゃないっすか、是非やりましょうよ。」

彼のそんな甘い言葉にツイその気になった私は、さっそく翌日、地元の楽器店に足を運んでおりました。(早!)

rokkin-phot.jpg

それにしても、楽器屋を覗くのなんて何年ブリのことでしょう。
とにかく、スゴイ種類のエレキギターが並べられていて、どれを選んでいいのかサッパリ分かりません。
店員に色々と聞き、さんざん迷った挙げ句、値打ちでソコソコ良さそうな一本に辿り着きました。
っで、買う寸前まで行ったその時、私の頭の中いるもう一人の冷静な私が、「ちょっと待てよ」と囁きました。

「ちょっと待てよ。よく考えたら、オレ、ホントにエレキギターやりたいのか?」っと。

そうなのです。
よく考えてみると、この私、別にどうしてもエレキギターをやりたかった訳ではなかったのです。
そう、その時の私は、ただ単に、仲間集めてワイワイと「バンドごっこ」がやりたかっただけなのです。

っと言うことは、何も私が無理してギターなどやらなくても、YUASAさんを引っぱり込めば事足ります。(勝手に決めてます!)
ただバンドがやりたいだけなのですから、それを現実のモノとする為には、ギターをYUASAさんにお願いし、私が他のパートをやるのが最も効率のよい進め方なのです。(YUASAさんの都合なんてあったもんじゃないです!)

では、エレキ以外で一体何がいいのか。
やるなら目立つヤツがいいし。
悩んでいたその時、私の目に飛び込んできたのが、その店で開講してる「ドラム教室」の張り紙でした。

「ドラムかあ。イイかもなあ。」

さっそく店員をつかまえ、その内容を尋ねてみました。
すると、このドラム教室ってのが結構人気があるらしく、なかなかイイ時間帯が取れないとのこと。
平日の、しかも会社が終わってからの都合のイイ時間帯が全く空いてない。
ただ、3月から新たに土曜日の枠を設けるらしく、そこならまだ余裕があるんで、好きな時間帯を選べるとのことでした。

「うん、土曜日なら行けるかもな。」

気がつくと、私は、申込み用紙に名前を書いておりました。



これが、私がドラムをはじめることとなったキッカケです。
どうです、深イイでしょう。

※ プログランキング参戦中。応援クリックよろしくお願いします!
  人気ブログランキングへ
22:06 | BAND HISTORY | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。